滝沢市商工会(阿部正喜会長)は16日、スマートフォン決済サービス「ペイペイ」を利用して地元店舗で買い物した際、決済額の20%をポイント還元する事業を始める。9月末まで。

 買い物1回当たりの還元上限は5千円相当、期間中の上限は1万円相当。支払いの翌日から30日後にポイントを付与する。

 市内で営業する中小約300店舗が対象で、チェーン店や調剤薬局などの医療施設は除く。今後、順次拡大する見通し。

 16、28、29日には、同市下鵜飼のビッグルーフ滝沢にペイペイの利用方法を説明する窓口を設置する。問い合わせは同商工会(019・684・6123)へ。