キャッセン海灯りは16日、大船渡市のキャッセン大船渡エリア須崎川親水広場周辺で催される。灯籠流しや竹あかりで、先祖や震災犠牲者のことを思う。

 灯籠流しは午後6時から須崎川で。供養付き灯籠(1個千円)はキャッセン大船渡事務所と本増寺に備え付けの用紙に記入し、当日の午後4時までに申し込む。

 竹あかりは竹40本をさまざまなデザインにくりぬいてろうそくや発光ダイオード(LED)でともす。千年広場で午後5~8時。

 新型コロナウイルス感染症の流行で同市に来られない人向けに、フェイスブックの「キャッセン海灯り」で生配信する。

 問い合わせは同事務所(0192・22・7910)へ。