お盆メモリアル花火(興田川花火大会実行委主催)は13日、一関市大東町沖田地区で開かれ、地元住民のメッセージを添えた大輪が雨の夜空を彩った。

 「みんなで笑うべ」「コロナに負けるな」「天国のおじいちゃん、みんな元気だよ」。思い思いのメッセージを付けた百数十発が約20分間打ち上げられ、住民は自宅から夏の思い出を胸に刻んだ。