花巻市の「絵手紙でボランティア蟻灯(ありとう)の会」(照井満喜子会長)は16日まで、同市上町のマルカンビル1階で、東日本大震災から10年を思って描いた絵手紙の展示会を開いている。

 「あれから10年」と題し、会員や、会員が主宰する教室の生徒らの作品約100点を展示。アジサイやホヤ、サンマなどの絵とともに「これからも一緒に歩もう」など、被災者に寄り添う言葉があしらわれている。

 午前10時~午後5時半。無料。