2021.08.14

高田松原 再生の歩みと願い デジラボで本紙記者

菅原真由記者(右)と弦間彩華アナウンサー
菅原真由記者(右)と弦間彩華アナウンサー

 岩手日報社の若手社員とIBC岩手放送アナウンサーの弦間彩華さん(24)によるIBCラジオ「デジタルニュース・ラボ」。10日の生放送では、東日本大震災後初めて海開きした陸前高田市の高田松原海水浴場について取材、執筆した岩手日報社陸前高田支局の菅原真由記者(24)が出演した。

 菅原記者は、津波で甚大な被害を受けた高田松原の再生の歩みを説明。白砂青松を取り戻そうと力を尽くす市民の取り組みを紹介し「これからの世代が愛し、守っていくことが望まれる」と話した。

◇    ◇

 番組は毎週火曜日午後6時半~7時。17日は大船渡支局の清川航矢記者(24)が、マリナーズ菊池雄星の今季の活躍と、内面について語る。

 

デジラボの情報サイトはこちらから

関連リンク