やはばお盆朝市は12日、矢巾町南矢幅のかっこうグラウンドで開かれ、お盆に欠かせない花や野菜を求める客でにぎわった。

 同町農業対策会議主催で町内の産直や営農組合など9団体が出店。午前6時のスタートから多くの町民らが訪れ、豊富に並んだ小菊やケイトウなどの花、トマトやナスなどの夏野菜をじっくりと品定めした。