2021.08.13

馬事文化継ぐ博物館 盛岡・市民有志、像や明治の装束展示

展示するチャグチャグ馬コの装束を前に、馬事文化普及に期待を寄せる千葉正代表
展示するチャグチャグ馬コの装束を前に、馬事文化普及に期待を寄せる千葉正代表

 盛岡市の市民有志でつくる盛岡馬っこ文化伝承会(千葉正代表)は10月1日、同市南大通に馬っこ博物館を開設する。馬競りが行われていた旧盛岡馬検場の開設110年を記念。明治期のチャグチャグ馬コの装束や馬像など約60点を展示予定で、地域に根付く馬事文化の継承拠点にする。

 木造2階建ての旧飲食店舗を改装し、1階(約60平方メートル)を博物館にする。千葉代表(88)が知人から譲り受けた品々などを展示する。

◇      ◇

 記事全文は、8月12日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞