2021.08.13

縄文人になってみよう 来月、初の体験キャンプ

御所野縄文キャンプスクールをPRするスタッフ
御所野縄文キャンプスクールをPRするスタッフ

 一戸町と同町岩舘の御所野縄文博物館(高田和徳館長)は9月18、19の両日、縄文人の暮らしを追体験する1泊2日の「御所野縄文キャンプスクール」を初開催する。本物の土器の発掘体験や、縄文人の暮らしに合わせた食事など、5千年前の暮らしに触れるタイムトラベルのような経験を提供する。

 初日は土器で作ったチャイや木の実のパンの昼食でスタート。町内の遺跡で実際の発掘調査を体験する。夕食はこれまでの調査研究に基づき、実際に縄文人が食べていたイノシシや川魚などを食材として使用。県内のホテルなどで調理師として勤務した経験のある町地域おこし協力隊の小寺昭二さん(64)が食べやすくアレンジしたメニューを味わう。

◇      ◇

 記事全文は、8月12日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞