2021.08.11

養殖ホシガレイ 2季目出荷 宮古市、安定供給へ飼育改善

宮古市が陸上養殖し今季の出荷が始まったホシガレイ
宮古市が陸上養殖し今季の出荷が始まったホシガレイ

 宮古市が陸上養殖する高級魚ホシガレイの出荷が10日、始まった。初出荷した昨年度は養殖中のへい死が課題だったが、2季目となる本年度は飼育環境を改善して安定供給を図る。

 ホシガレイと宮古トラウトサーモンを使った「みやこ・未来丼」の販売も始まり、不漁で苦境に立つ水産業の新たな収益確保に向け、消費者への浸透を進める。

◇      ◇

 記事全文は、8月11日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞