2021.08.11

宿題の先生は平舘高生 八幡平・田頭小、「寺子屋」合同学習会

高校生から指導を受け、児童が夏休みの宿題に取り組んだ「寺子屋へGO」
高校生から指導を受け、児童が夏休みの宿題に取り組んだ「寺子屋へGO」

 八幡平市の田頭小(中軽米利夫校長、児童48人)は10日、同校で平舘高(北島亨校長、生徒142人)と合同の学習会「寺子屋へGO」を開いた。児童の学習の習慣化と、多世代交流による地域の結び付きを強めようと初めて企画。夏休みの宿題を持ち寄った児童に高校生が「お兄さん、お姉さん」の立場で寄り添い、地域一丸で勉強を進めた。

 田頭小の1~6年生18人と平舘高の2、3年生12人が参加。児童は漢字ドリルや計算問題に挑戦し、先生役の高校生が解説を行った。

◇      ◇

 記事全文は、8月11日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞