西和賀町沢内貝沢のヘリオス酒造沢内醸造所(松田あすか所長)は7、8の両日、同醸造所でビールフェスティバルを開いた。昨夏の稼働開始以降初のイベントで、町民らが地元産の美酒を堪能した。

 検温や手指消毒など新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、2日間で計約200人が来場。同醸造所で製造する同町の地域ブランド「ユキノチカラ」を冠した白ビール、ケルシュ、ペールエールなどを販売。蒸し暑さに包まれた8日は、屋外のテーブルで笑顔で味わう姿も見られた。