県内一の生産量を誇る滝沢スイカの初競りが31日、盛岡市羽場の市中央卸売市場で行われた。最高値は大玉1箱(2個入り)5万円で、昨年と同額だった。

 初競りでは滝沢市の主浜了市長が「大きくて甘い滝沢スイカを多くの人に楽しんでもらいたい」とあいさつ。市場には1549箱が並び、競り人の威勢のいい声が響き渡った。