2021.07.08

釜石ラーメンを喜劇映画に 今関あきよし監督、今秋から撮影

「映画で釜石を元気にしたい」と構想を練る今関あきよし監督=東京都内
「映画で釜石を元気にしたい」と構想を練る今関あきよし監督=東京都内

 【東京支社】海外で長編映画の製作を続けてきた今関あきよし監督(61)=東京都出身=は今秋から、釜石市を舞台にした映画「喜劇 釜石ラーメン物語」の撮影を始める。東日本大震災以降、釜石へ通い復興に向かう姿を見る中、ファンになったラーメンを起点に人情喜劇を描く。「釜石を笑顔に、元気にしたい」と願いを込め、来年の全国上映を目指す。

  ◇     ◇  

 映画製作を応援するため350万円を目標にクラウドファンディングも8月末まで募集中。URLはhttps://motion-gallery.net/projects/kamaishi-ramen

◇      ◇

 記事全文は、7月8日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞