【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は6日、アナハイムでのレッドソックス戦後に取材に応じ、プロ野球西武の松坂大輔投手の現役引退に「今知ったのでちょっとびっくりしている。残念だなという気持ちはもちろんあるが、今までのプレーは勉強してきているので、投げている姿は忘れない」などと思いを語った。

 大谷にとっては大リーグでのプレーが記憶に残っているという。特に印象的なものとして“魔球”ジャイロボールを挙げ「投げられると思って子どもの頃、真剣にやっていた。今は僕の実力ではちょっと難しいなと思っている」と少年時代の思い出を振り返った。