2021.07.07

列車脱線事故調査官 現地入り JR大船渡線、今夜運転再開へ

倒木に衝突し、車両が脱線したJR大船渡線の現場を調べる鉄道事故調査官ら=6日午後3時15分、一関市滝沢
倒木に衝突し、車両が脱線したJR大船渡線の現場を調べる鉄道事故調査官ら=6日午後3時15分、一関市滝沢

 一関市滝沢のJR大船渡線真滝-陸中門崎駅間で5日夜発生した脱線事故を受け、国の運輸安全委員会は6日、鉄道事故調査官を現地に派遣した。

 線路上にあった倒木は太さ最大50センチ、長さ25メートルあり、列車前方の2軸が脱線していた。今後、事故原因の究明を進める。大船渡線は一ノ関-気仙沼間の全線で終日運転を見合わせ、運転再開は7日夜となる見込みだ。

◇      ◇

 詳報は、7月7日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞