県栽培漁業協会(大井誠治会長)は5日、大船渡市末崎町の同協会の施設で育てたヒラメの稚魚を今年初めて出荷した。

 広田湾漁協(陸前高田市)分の約6万7千匹を出荷。職員は施設の水槽で2カ月間かけて体長約5センチまで育てた稚魚を網ですくい、輸送用トラックに移していった。同漁協に運ばれた稚魚は、その日のうちに海に放流された。

 8月末までに計110万匹を県内24漁協に出荷し、各地で放流される予定。2~3年で約30センチほどに成長し、水揚げ可能になる。