折爪岳振興協議会(会長・藤原淳二戸市長)は二戸市と軽米町、九戸村にまたがる折爪岳(852メートル)に生息するヒメボタルの観賞方法を変える。県天然記念物の指定で観賞者が増加傾向にあり、最盛期の10~18日夜に交通規制を行うことで生息環境を守る。

 規制エリアは同市福岡の日ノ沢登山道登り口付近から、同村江刺家のコロポックルランド付近までの林道約10キロ。時間は午後6時半~午後9時で、観賞希望者は協議会ホームページから3日前までに申し込み、入場許可証を当日持参する。

 観賞予約は先着順。問い合わせは同協議会事務局の同市商工観光流通課(0195・43・3213)へ。