盛岡市本宮の先人記念館は企画展「金田一勝定(かつさだ)-盛岡財界の巨頭-」を開いている。

 金田一勝定は江戸時代の1848年に現・盛岡市で生まれ、1920(大正9)年同市に亡くなった実業家。本展では、岩手・盛岡の銀行や電力、鉄道など社会的インフラ整備にまい進し、おいの京助のアイヌ語調査を支援するなどした業績と生涯を掘り下げている。

 8月29日まで。月曜日と毎月最終火曜日閉館。午前9時から午後5時まで。一般300円、高校生200円、小中学生100円。

 問い合わせは同館(019・659・3338)へ。