2021.07.31

田中出場も敗退 ホッケー男子1次リーグ

日本-インド 第2クオーター、攻め込む田中海渡(右)=大井ホッケー競技場
日本-インド 第2クオーター、攻め込む田中海渡(右)=大井ホッケー競技場

 【東京都で報道部・金野訓子】東京五輪第8日の30日、ホッケー男子1次リーグは東京都の大井ホッケー競技場で行われ、A組の日本は最終戦でインドに3-5で敗れた。通算1分け4敗(勝ち点1)の6位で、各組上位4チームで争う準々決勝進出はならなかった。

 岩手町出身のMF田中海渡(かいと)(25)=表示灯フラーテル、一方井中-奈良・天理高-天理大=は断続的に出場。多彩な攻撃を展開するインドに気迫のプレーで食らいついた。試合後、田中は古里から寄せられた多くの応援に感謝し「岩手にいる子どもたちのこれからにいいモチベーションになるよう、勝利した姿を見せたかった」と悔しがった。

◇      ◇

 東京五輪の結果や詳報は、岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞