2021.07.28

県人口、戦後初の120万人割れ 県推計、少子化や流出止まらず

 
 

 県は27日、本県の推計人口(7月1日現在)を119万9489人と発表した。

 120万人を割り込んだのは、1944年の110万3936人以来。少子高齢化や県外流出を背景に人口減が進んでいる。

◇      ◇

 記事全文は、7月28日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞