台風8号は27日午前、関東の東の海上でほぼ停滞している。盛岡地方気象台によると、今後はゆっくりと北西に進み、本県には28日未明から朝にかけて最接近する見通し。

 県内の雨のピークは同日未明から明け方で、予想される1時間降水量は多い所で50ミリ。予想24時間降水量は、同日午前6時まで多い所で200ミリ。沿岸の海上は27日から28日にかけて5~6メートルの高波、最大瞬間風速25メートルの強風が見込まれる。

 同気象台は土砂災害や低い土地の浸水などの恐れがあるとして、早めの安全確保を呼び掛ける。台風8号は27日午前9時現在、中心気圧が990ヘクトパスカル。28日には日本海に進み、温帯低気圧に変わる見通し。