2021.07.27

二戸の上平さん、民謡で日本一 少年少女大会 中学生の部

全国大会で優勝を収めた上平千滉さん(中央)
全国大会で優勝を収めた上平千滉さん(中央)

 本年度の民謡民舞少年少女全国大会で、二戸市・福岡中3年の上平(かみたいら)千滉(ちひろ)さんは民謡中学生の部に初出場し、優勝を収めた。同部で本県出場者の優勝は2002年以来19年ぶり。成長著しく有望な14歳は「賞に恥じないようさらに精進する」と研さんを誓う。

 日本民謡協会主催の大会は東京都で4日開かれ、同部には都道府県予選を勝ち抜いた30人が出場。上平さんは、持ち前の豊かな声量と伸びのある声で「南部よしゃれ節」を熱唱した。「全力を出し悔いなく歌おうと意識した。自分らしく歌えた」と振り返る。

◇      ◇

 記事全文は、7月26日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞