2021.07.26

写真の返却事業、再出発 陸前高田・三陸アーカイブ減災センター

出張返却会の会場でアルバムを見る来場者
出張返却会の会場でアルバムを見る来場者

 陸前高田市で東日本大震災後に拾得した写真などの返却を手掛ける三陸アーカイブ減災センター(秋山真理代表理事)は25日、同市高田町のアバッセたかたで、出張返却会を開いた。本年度から市の委託ではなく、自主事業として再出発。一人でも多くの手元に思い出を戻そうと活動継続への寄付も募っている。

 返却会場のテーブルには数多くの写真やアルバムが並んだ。立ち寄った同市高田町の村上たき子さん(72)は「高田松原の海に桜。昔の景色が懐かしい」とじっくり確認した。出張返却会は4カ月ぶり。8月以降も毎月25日に開く。

 寄付の問い合わせは同センター(0192・47・4848)へ。

◇      ◇

 記事全文は、7月26日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞