2021.07.26

解雇、退職の相談増 岩手労働局・20年度個別紛争解決利用

 
 

 岩手労働局(稲原俊浩局長)は、2020年度の個別労働紛争解決制度の利用状況をまとめ、労働紛争相談の内容では「解雇」が前年度比13・0%、「自己都合退職」が同6・3%増えた。

 新型コロナウイルス感染症の影響がうかがえ、長引くとさらに増えそうだ。相談総数も同0・2%増の3633件と01年の制度開始以来、最多となった。

◇      ◇

 記事全文は、7月26日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞