東京五輪のスポーツクライミングに出場するカナダ代表選手は24日、盛岡市みたけの県営運動公園スポーツクライミング競技場で、地元スポーツ少年団と交流した。

 男子のショーン・マッコール選手(33)と女子のアランナ・イップ選手(27)、岩手クライミングジュニアに所属する小中学生23人が参加した。両選手がボルダリング壁を巧みに飛び移ると、子どもたちは目を輝かせた。

 選手は22日に同市入り。8月上旬に始まる予選に向け28日まで同公園などで最終調整する。