八幡平市の子安延命地蔵尊例大祭は23日、同市平舘の大泉院(井上雅友住職)周辺で行われ、稚児行列などで子どもたちの健やかな成長を願った。

 行列には地元の平舘こども園、ひなぎく幼稚園の年長児22人と保護者ら計約50人が参加。緑とピンクの色鮮やかな行列衣装をまとった子どもたちは地蔵尊を祭る山車を引き、約30分かけて練り歩いた。

 子安延命地蔵尊は安産や子育ての地蔵として信仰を集め、毎年7月23日に例大祭を開催。今年は新型コロナウイルス感染症と猛暑対策として練り歩く距離を縮めた。