学童軟式野球の第39回岩手日報杯三陸海岸大会最終日は24日、釜石市の平田公園球場で決勝が行われ、松崎スポ少(遠野市)が釜石ファイターズ(釜石市)を五回コールド7-0で下し、36年ぶり2度目の優勝を果たした。

 敵失で二回に1点を先制した松崎は三回、山口亜佳里(遠野北小6年)の二塁打などで2点を加えた。五回に佐々木凰乃介(土淵小6年)が左適時打を放ちコールド勝ちを収めた。

 釜石は1安打に抑えられた。四回に走者を三塁まで進めたが、あと1本が出なかった。