2021.07.24

盛岡大付、甲子園へ 高校野球岩手大会

優勝を決め、笑顔でマウンドに集まる盛岡大付の選手=盛岡市三ツ割・県営球場
優勝を決め、笑顔でマウンドに集まる盛岡大付の選手=盛岡市三ツ割・県営球場

 第103回全国高校野球選手権岩手大会最終日は24日、盛岡市三ツ割の県営球場で決勝が行われ、第2シード盛岡大付が9-4で第1シード花巻東を下し、2017年以来11度目の甲子園切符をつかんだ。

 2年ぶりの全国高校野球選手権は8月3日にオンラインで組み合わせが決まり、9日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。

◇      ◇

 高校野球の試合結果や詳報は岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

 

<最終日>(7月24日)
◇決勝

【盛岡市・県営球場】

盛岡大付 210 001 050-9
花巻東  010 201 000-4
(盛)渡辺翔真-田屋瑛人
(花)萬谷大輝、菱川一輝、平井柊、中居颯真-田代旭
▽本塁打 金子京介(盛)田代旭(花)
▽三塁打 熊谷陸(花)
▽二塁打 南早羽己、新井流星、松本龍哉(盛)宮沢圭汰、平井柊(花)

関連リンク