奥州市出身の米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手のふるさと応援団(会長・小沢昌記市長)は19日、一般募集した応援アイデアの表彰式を行い、最優秀賞に、南部風鈴に激励メッセージをつるす小売業アイ・ベスト(同市水沢)の企画が輝いた。

 市役所での表彰式で、小沢市長が同社の石川英行社長に表彰状とエンゼルスのユニホームを贈った。小沢市長は「大谷選手に世界的な注目が集まる中、多くの素晴らしいアイデアを頂きうれしい」と感謝した。

 同市では夏の風物詩として、JR水沢駅と東北新幹線水沢江刺駅に南部風鈴が飾られる。同社のアイデアは、その風鈴に激励メッセージ付きの短冊をつるし、大谷選手の背番号にちなんで17日には駅利用者に応援グッズを配るという内容だ。