2021.07.20

軟式野球、雫石38大会ぶり頂点 県中学校総体

軟式野球 雫石-湯口 2回裏雫石1死二、三塁、細川快斗の三塁打で三走高橋柊人(左手前から2人目)と二走杉田兼晟(後方)が生還、4-1と突き放す=八幡平市総合運動公園球場
軟式野球 雫石-湯口 2回裏雫石1死二、三塁、細川快斗の三塁打で三走高橋柊人(左手前から2人目)と二走杉田兼晟(後方)が生還、4-1と突き放す=八幡平市総合運動公園球場

 第68回県中学校総合体育大会(県中学校総体)は19日、八幡平、遠野両市で2競技を行った。軟式野球は雫石が湯口(花巻)を6-3で破り、38大会ぶり2度目の優勝。

 サッカーは遠野が松園(盛岡)を5-0で退け4大会ぶり11度目の頂点に立った。24日に水泳が始まる。

◇      ◇

 詳報は、7月20日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞