陸上男子20キロ競歩の東京五輪代表、高橋英輝選手(富士通、花巻北高-岩手大)の地元、花巻市で18日、二枚橋町町内会(伊藤誠哉会長)主催の激励会が開かれた。花巻北高陸上部や近隣住民が寄せ書きした国旗を高橋選手の両親に贈り、本番での健闘を祈った。

 「がんばれ!高橋英輝選手」と書かれた横断幕が張られた同市二枚橋のJR花巻空港駅前には、高橋選手の父瑛至(えいし)さん(75)と母淑子(よしこ)さん(69)をはじめ、住民ら約40人が出席。花巻北高陸上部の鈴木麻央さん(3年)、石川康明さん(2年)、吉田寿莉(じゅり)さん(同)が瑛至さんに国旗と花束を手渡した。