2021.07.19

ハンド男子、矢巾北が制覇 県中学校総体

男子決勝 矢巾北-矢巾 後半7分、矢巾北のセンター大森樹(2)がシュートを決め13-12と逆転する=盛岡市・盛岡タカヤアリーナ
男子決勝 矢巾北-矢巾 後半7分、矢巾北のセンター大森樹(2)がシュートを決め13-12と逆転する=盛岡市・盛岡タカヤアリーナ

 第68回県中学校総合体育大会(県中学校総体)は18日、各地で12競技を行った。ハンドボール男子は矢巾北が18-17の1点差で矢巾を破り2大会ぶりの優勝。バレーボール女子は胆沢(奥州)が九戸に2-0でストレート勝ちし初優勝を遂げた。

 ソフトテニス団体は男子の水沢南(同)と女子の盛岡・河南がともに初優勝。卓球の女子団体は大船渡・一が40大会ぶりの頂点に立った。バスケットボール男子は矢巾が初優勝、相撲団体は滝沢南が24大会ぶりの優勝を果たした。

 19日はサッカーと軟式野球を行う。昨年の大会は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。

◇      ◇

 詳報は、7月19日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞