2021.07.18

ベスト8にまず4校 高校野球岩手大会

一関一―盛岡四 2回裏盛岡四2死一、三塁、菅原が中前へ適時打を放ち、3―2と勝ち越す=花巻
一関一―盛岡四 2回裏盛岡四2死一、三塁、菅原が中前へ適時打を放ち、3―2と勝ち越す=花巻

 第103回全国高校野球選手権岩手大会第10日は17日、盛岡市の県営球場と花巻市の花巻球場で3回戦4試合を行い、盛岡中央が福岡を8―3で下し、9大会ぶりに準々決勝に進んだ。盛岡四はコールド勝ちで3大会ぶり進出。第1シード花巻東、第2シード盛岡大付は大量得点で勝ち上がった。

 第11日の18日も県営、花巻の2球場で3回戦4試合が行われ、8強が出そろう。

◇      ◇

 高校野球の試合結果や詳報は岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

 

<第10日>(7月17日)
◇3回戦

【盛岡市・県営球場】

▽第1試合
花北青雲 202 00-4
花巻東  426 3x-15
(5回コールド)
(北)伊藤賢汰、高橋文康、小原佑太-高橋翔瑛
(東)佐藤龍太、万谷大輝、中居颯真-田代旭
▽本塁打 佐々木麟太郎(東)
▽三塁打 相野七音(東)
▽二塁打 平井柊(東)

▽第2試合
黒沢尻北 000 100 -1
盛岡大付 310 232x-11
(6回コールド)
(黒)星知輝、松本壮哉-佐藤晃太郎
(盛)千葉雄介、大平一真、遠藤凪-田屋瑛人
▽本塁打 南早羽己、金子京介(盛)
▽二塁打 高橋朝飛(黒)

【花巻市・花巻球場】

▽第1試合
一関一 111 10 -4
盛岡四 082 13x-14
(5回コールド)
(一)小原翼、熊谷翔斗、千葉洸輔、須藤周太郎、古舘秋陽-高橋紬
(盛)中塚晴基、桜田絢、岩渕良祐-煙山伯
▽三塁打 須藤周太郎(一)
▽二塁打 小原翼(一)煙山伯、上関勇駕(盛)

▽第2試合
盛岡中央 001 320 011-8
福  岡 100 002 000-3
(盛)中川青空、斎藤響介-小笠原颯汰
(福)荒谷寧央、松沢希龍、平颯太-漆原空蒼
▽本塁打 中川青空(盛)
▽三塁打 萩生田煌大(盛)
▽二塁打 藤本陸翔、菊池快2(盛)平颯太(福)

関連リンク