2021.07.17

米国の味、英語で学ぼう 地域活性化の拠点活用

キッチンイベントの企画を練る今川匠事業開発マネジャー(左)とブラネン・ウィリアム取締役
キッチンイベントの企画を練る今川匠事業開発マネジャー(左)とブラネン・ウィリアム取締役

 花巻市で英会話教室を運営するKOP(矢巾町、藤原敏司代表取締役)は18日から、同市東和町土沢の催事場「パレスまほろば」でクッキングイベントを開く。毎月土日曜の数回、英語だけで会話して米国の家庭料理を作り、楽しみながら日常会話を身に付ける。将来は東和町の小中学生に英語で郷土史を指導するなど、まほろばの地域活性の拠点化に貢献する考えだ。

 同日はマカロニで作るマッケンチーズと、ピーナツバターを塗ったサンドイッチを調理。米ジョージア州出身で同社のブラネン・ウィリアム取締役(47)らが英会話教室の生徒に作り方を教える。午前10時~正午で自由に見学できる。

 クッキングイベントの問い合わせはKOPが運営する英会話教室SpeakUP(0198・22・7766)へ。

◇      ◇

 詳報は、7月17日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞