7人制ラグビーの第8回全国高校大会は17~19日、長野県上田市の菅平高原サニアパークで行われ、本県代表の黒沢尻北(2大会連続4度目)は予選リーグ(17日)で坂出一(香川)、東海大仰星(大阪)と対戦する。

 黒沢尻北は県予選決勝で黒沢尻工を31-0で下し全国切符をつかんだ。防御で相手にプレッシャーを掛けターンオーバーを狙う。及川楓雅(3年)の積極的な仕掛け、粕加屋(かすがや)完汰(同)のロングパス、佐藤亨哉(同)と千田響(同)のスピードに期待したい。

 大会は48校が出場し、16組に分かれて予選リーグを行う。決勝トーナメント(18、19日)は予選の成績に応じて行い、1位がカップ、2位がプレート、3位がボウルの各トーナメントに進む。