全農県本部(高橋司本部長)は12日、岩手大(小川智学長)と同大生協(小田伸一理事長)に県産の肉や野菜を贈った。多くの学生に県産食材に親しんでもらうとともに、栄養面をサポートする。

 贈呈式は盛岡市上田の同大で行われ、同本部の林伸彦副本部長が「本県はコメも野菜も畜産物もバランス良く取りそろえている。全国から来る学生に岩手の食の豊かさ、おいしさを広げたい」と願い、小川学長に目録を手渡した。小川学長は「コロナ禍で学生の食にも影響が及ぶ中、支援は本当に助かる」と感謝した。