【デンバー共同】米大リーグのオールスター戦前日恒例の本塁打競争が12日、デンバーのクアーズ・フィールドで開催され、エンゼルスの大谷翔平(27)=花巻東高=が日本選手初出場での優勝を目指す。計8人によるトーナメント方式で、優勝賞金100万ドル(約1億1千万円)が懸かる。

 今季メジャー単独トップの33本塁打で第1シードの大谷は1回戦で、第8シードの同11本塁打のソト(ナショナルズ)と対戦する。勝てば準決勝で、前回2019年の覇者で第5シードのアロンソ(メッツ)と第4シードのペレス(ロイヤルズ)の勝者と戦う。