2021.07.12

女子野球部 始まりの夏 盛岡誠桜高が硬式新設

オープンスクールで中学生に守備の手本を見せる盛岡誠桜高の生徒(手前)
オープンスクールで中学生に守備の手本を見せる盛岡誠桜高の生徒(手前)

 盛岡誠桜高(附田(つくた)政登校長、生徒692人)に本年度、県内2校目の女子硬式野球部が誕生した。現在は野球やソフトボールの経験がある1、2年生6人が所属。県内の中学女子野球チームの協力を得て試合経験も積み、活発に白球を追い掛けている。来夏までに部員を増やし、公式戦に出場するのが目標だ。

 10日午後の滝沢市卯遠坂の同校グラウンドに、元気な声が響いた。オープンスクールに参加した女子中学生11人を交えて、部員たちはキャッチボールや守備練習を実施。中学生に優しく指導しながら汗を流し、参加者に笑みが広がった。

◇      ◇

 記事全文は、7月11日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞