【東京支社】東日本大震災後にNHK連続テレビ小説のロケ地になった久慈市と気仙沼市、福島市は10日、東京都千代田区の東京交通会館地下1階に「情報発信ステーション おかえり館」をオープンした。2024年3月まで開設し、特産品販売や観光、移住定住促進に力を入れる。

 開館式は約30人が出席して現地で行われ、平沢勝栄復興相と遠藤譲一久慈市長、菅原茂気仙沼市長、木幡浩福島市長らがテープカットした。

 約41平方メートルのスペースで海産物や地酒、銘菓、朝ドラ関連グッズなど常時200点以上の商品を取り扱い、交流・物販イベントも予定する。

 営業時間は午前10時~午後8時。問い合わせは同館(03・6259・1651)へ。