軽米町子ども司書講座(町教委など主催)は10日、同町軽米の町立図書館で開講した。町内の小学3~6年生6人が9月まで計4日間の講座を受け、「子ども司書」認定を目指す。

 開講式で菅波(すがなみ)俊美教育長があいさつ。軽米小5年の海辺(うべ)貴博君が「学んだことを生かして、家族や友達に本の楽しさや読書の大切さを伝える」などと誓いの言葉を述べた。

 初回は司書の仕事や本の分類、カウンター業務などを学んだ。海辺君は「本は面白くて世界に引き込まれる感じが好き」と魅力を語り、晴山小6年の下岩(しもいわ)明香里さんは「本の整理を学んで図書委員の活動に生かしたい」と意気込んだ。