盛岡東署は、盛岡市の60代女性が市職員をかたる男らに約100万円をだまし取られる還付金詐欺被害が発生したとして、注意を呼び掛けている。

 同署によると、2日午前10時半ごろ、女性の固定電話に市職員をかたる男が「年金の過払い金が戻る」と告げ、スーパーの現金自動預払機(ATM)で手続きするよう指示。銀行のコールセンターにつながるという番号を伝えた。

 女性は携帯電話で同センター職員をかたる男と通話しながらATMを操作。手続き終了後、通帳を見ると外国人名義の口座に約100万円を振り込んでいた。

 同署は「電話で還付金やATM、キャッシュカードという言葉が出たら詐欺を疑い、警察に相談してほしい」と注意する。