2021.07.01

県内6月は237人感染 新型コロナ、6割超が盛岡

 
 

 県内の6月の新型コロナウイルス感染は237人で、そのうち盛岡市が151人と63・7%を占めた。クラスター(感染者集団)は7件のうち6件が同市の飲食店関連。感染数は過去最多の5月と比べて減少したが、ウイルスは感染力が高い変異株(N501Y)にほとんど置き換わったとみられる。飛沫(ひまつ)防止など対策の緩みに注意が必要だ。

 居住地別は盛岡市に次いで県央保健所管内が40人、中部保健所管内が17人、滝沢市が7人。年代別では20代が55人、30代50人、40代38人と若いほど多かった。

◇      ◇

 記事全文は、7月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞