2021.07.01

気仙大工伝承の場復活 震災で被災の陸前高田高等職業訓練校

陸前高田市の中心市街地に再建した陸前高田高等職業訓練校のテープカット
陸前高田市の中心市街地に再建した陸前高田高等職業訓練校のテープカット

 東日本大震災で被災し、陸前高田市の中心市街地に再建した陸前高田高等職業訓練校の落成式は30日、同市高田町の現地で行われた。地域に伝わる気仙大工の技術の担い手を育成するとともに、一般向けの体験コンテンツも構想。関係者は技術伝承と交流拠点としての同校の再出発を誓った。

 市や同校を運営する陸前高田職業訓練協会(村上義文会長)、施工業者など約40人が出席。戸羽太市長が「陸前高田らしい風景の一翼を担い、多くの人に利用される施設になってほしい」とあいさつし、村上会長(69)らとともにテープカットした。

◇      ◇

 記事全文は、7月1日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞