【アナハイム共同】米大リーグ、マリナーズの菊池雄星投手(29)=花巻東高=は5日、敵地アナハイムで行われたエンゼルス戦に先発し、五回に右脚に打球を受けて降板した。球団は「右膝の打撲」と発表した。

 サービス監督によると、骨や靱帯、関節などに異常はない。6日に磁気共鳴画像装置(MRI)検査などを受け、今後の処遇を判断するという。

 メジャー3年目の今季は開幕から先発陣の一角を守り、3勝3敗、防御率3・92。