2021.06.05

県内聖火リレー、公道で 16日から、走者284人固まる

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、本県で16~18日に行われる聖火リレーの走者を発表した。既に公表されている県選出枠を含め、予定している288人中284人が固まった。

 計画通り公道で実施する方針で、28市町村の約64キロをつなぐ。一方、県実行委は新型コロナウイルス感染症の影響などで、俳優のんさん(27)ら5人が辞退したことを明らかにした。

 新たに公表されたのはラグビー元日本代表の伊藤剛臣(たけおみ)さん(50)、大相撲の元小結栃乃花で久慈市山形町出身の二十山仁さん(48)ら。残る4人も調整を進めている。

◇      ◇

 詳報は、6月5日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク