2021.06.04

栗駒国定公園・焼石連峰(奥州市)=6月2日8時~

ボチボチ咲いてるかな?

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

やさしい綠のブナ林に癒やされました!

 北上からの移動時には、小雨がぱらつき、金ケ崎あたりでは路面もぬれて、嫌な気分になってきましたが、現地登山口では、青空が臨まれ気分も高揚してきました。

 見たい花がいっぱいあり、昨年より若干早めでしたが、期待を込めて出発です!

 直ぐ足元には、ノウゴウイチゴ、ミヤマスミレ、キクザキイチゲ、ツバメオモト、ブナ、カタクリ、オオバキスミレ、ミズバショウ、シラネアオイ、キヌガサソウ、サンカヨウなどなど、道を進めるに従い、さまざま咲いているではないか!素晴らしい花園も健在だ!

 野鳥では、センダイムシクイ、エゾムシクイ、メボソムシクイ、ミソサザイ、オオルリ、カッコウ、ヤブサメなどなどのさえずりを聞くことができました!

 帰路には、向かいの山腹で黒く動くものがありコンパクト型デジカメでアップにして辛うじて熊さんの姿を捉えることができました。

春紅葉……?
ミズバショウの群落!
リュウキンカの群落となっていました!
水面の中には美しい氷が見えます!
いつも気品高く咲くキヌガサソウ
清楚(せいそ)な姿のサンカヨウ魅せられました!
ふ入りミヤマスミレです!
クロサンショウウオの卵のうがあちこちで見られました!
オマケに向かいの山腹に熊さんが!