盛岡地方気象台は3日、低気圧や前線の影響で4日昼過ぎから夜遅くにかけて、内陸と沿岸南部を中心に警報級の大雨になる恐れがあるとして県気象情報を出した。土砂災害や浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、南から湿った暖気が流入。雨のピークは前線が接近する昼すぎから夕方の見通しで、同日午後6時までに予想される24時間降水量は、多い所で内陸120ミリ、沿岸北部100ミリ、沿岸南部120ミリ。

 海上では南風が強まる見込みで、予想最大瞬間風速は沿岸30メートル、予想される波の高さは5メートル。