2021.06.30

岩手日報一関広華会、加賀会長を再任

 岩手日報一関広華会(加賀邦彦会長、24会員)は29日、一関市の岩手日報一関ビルで2021年度通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選で加賀会長(梅茂登本店)を再任した。

 会員と岩手日報社広告事業局の熊谷真也局次長ら約20人が出席し、加賀会長は「入会によるメリットを見いだすため、広告費の使い方を改める。より会員に寄り添った運営をしていきたい」と述べた。日報リーダーズサークル一関例会など21年度事業計画案を承認した。

 会長以外の役員は次の通り(いずれも再任)。

 ▽副会長 松岡俊太郎(両磐酒造)畠中良之(尾上屋呉服店)▽理事 鈴木和行(一関自動車工業)小野寺宏真(松栄堂)及川ゆか(新生ビル管理)▽監事 菅原良男(アイデン)細川雄司(松竹)▽顧問 細川正二(同)