2021.06.03

就活生ドラフト会議、初の開催へ 企業が面談したい生徒を指名

就活生ドラフト会議に向け、プレゼンテーション研修を受ける平舘高の生徒
就活生ドラフト会議に向け、プレゼンテーション研修を受ける平舘高の生徒

 企業の採用活動支援を手掛ける八幡平市大更のAqsh(アクシュ、塚田崇博代表取締役)は26日、高校生向けの「逆求人型」イベント・就活生ドラフト会議を初めて開く。

 企業側が面談したい生徒を指名し、生徒のブースを訪問する珍しい方式。情報の発信、収集を希望する地元企業と高校生の双方を支え、就活の選択肢拡大につなげる。

◇      ◇

 記事全文は、6月3日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞