県は8月以降、新型コロナウイルスワクチンの64歳以下の集団接種を拡充する方針だ。希望する県民への接種完了は11月末を目指す。現在は3会場で65歳以上の集団接種を行っているが、対象年齢を拡大し会場数を増やすことも検討。接種の加速化を狙う。

 64歳以下の接種は65歳以上の高齢者接種と同様に市町村が基本の実施主体となる。多くは高齢者接種完了後に移行するが、対象者が多いため、県は集団接種で支援する。

 県による高齢者向け集団接種は、滝沢市の県立大とアピオ、奥州市の江刺西体育館で19日から1回目を開始。2回目は8月8日(予備日)まで予定している。